1. ドリッパーヘッドとフィルターをベースにセットしてください。
2. 4gの茶葉を入れ、耐熱性グラスやカラフェにドリッパーを載せてください。
3. 約10℃の冷水を120ml注いで、330秒間(5分半)待ちます。
4. ヘッドを少しずつ傾け、ゆっくりとお茶を落とし切ります。

Copyright © LUCY ALTER DESIGN Inc. All rights reserved

取扱店舗・直営店舗

取扱店舗・直営店舗

美味しい淹れ方・レシピ

煎茶の味は、「旨味(アミノ酸)」「渋味(カテキン)」「苦味(カフェイン)」の抽出度合いで決まります。お湯を注いでから早い段階でアミノ酸が抽出され始めます。湯温が高いほどカテキンとカフェインが抽出されやすく、渋味・苦味が強いお茶になります。

基本のレシピ

まず「FRESH BREW」という甘味を引き出す基本のレシピをご紹介します。

オススメ茶葉:はるもえぎ/香駿/やぶきた やめ/宵の七曜星

FRESH BREW

1. ドリッパーヘッドとフィルターをベースにセットしてください。
2. 4gの茶葉を入れ、耐熱性グラスやカラフェにドリッパーを載せてください。
3. 約70℃のお湯120mlを注いで、90秒間待ちます。
4. ヘッドを少しずつ傾け、ゆっくりとお茶を落とし切ります。

色・香り・味を楽しんで

美味しく淹れられましたか?ほっとする味ではないでしょうか。 二煎目、三煎目まで美味しく飲める茶葉ですので、ぜひ味の変化を楽しんでみてください。二煎目以降は、お湯を注いでから15秒ほどで味が十分にでます。一・二・三煎で、レシピを変えてコースメニューとして考えると格段に自由度が上がり、面白さ・深みが増していきます。

中級編のレシピ

「HIGH BREW」という渋味・苦味を引き出すレシピです。主にシングルオリジンの茶葉や火入れの強い茶葉と相性が良いです。

オススメ茶葉:こいしずく/おくみどり/香蘭/ほうじ茶/2煎目

HIGH BREW

1. ドリッパーヘッドとフィルターをベースにセットしてください。
2. 4gの茶葉を入れ、耐熱性グラスやカラフェにドリッパーを載せてください。
3. 約80℃のお湯120mlを注いで、70秒間待ちます。(2煎目は15秒でOKです。)
4. ヘッドを少しずつ傾け、ゆっくりとお茶を落とし切ります。

上級編のレシピ

「GYOKURO BREW」という旨味を引き出すレシピです。煎茶のイメージとは違い、「ダシ」のような味がします。
煎茶に含まれるアミノ酸(テアニン・イノシン酸・グルタミン酸など)はダシの成分と同じで、50℃前後で抽出されます。

オススメ茶葉:香駿/やぶきた やめ/おくみどり

GYOKURO BREW

1. ドリッパーヘッドとフィルターをベースにセットしてください。
2. 4gの茶葉を入れ、耐熱性グラスやカラフェにドリッパーを載せてください。
3. 約50℃のお湯120mlを注いで、180秒間待ちます。
4. ヘッドを少しずつ傾け、ゆっくりとお茶を落とし切ります。

「COLD BREW」は、コーヒーでもお馴染みの水出しです。渋味・苦味がほとんどなく、冷たく爽やかにいただけるレシピです。

COLD BREW

以上のレシピは、茶葉によっても味の濃さが変わってくるため、厳密には茶葉によって多少調整が必要です。
ぜひ、実際にお飲みいただくことができる直営店「東京茶寮」にお越しください。

この他、「茶葉のブレンド(合組)」、「トッピング(玄米・コンペイトウなど)」、「ミックス(抽出後のブレンド)」があり、
ハンドドリップで淹れる日本茶のさらなる可能性を追求する食材や甘味の商品・レシピの開発を予定しています。

オンラインショップ

Instagram

オンラインショップ

Instagram

お湯の温度と味の関係性

お茶の味を決定づける「お湯の温度」と「味」の関係性を表したグラフです。1煎目は70℃で主に香り・甘味(アミノ酸)を抽出し、2煎目は80℃に上げて渋味・苦味(カフェイン・カテキン)を抽出するのが基本レシピです。3煎目には玄米などのトッピングを加えるとさらに味の変化がでて楽しむことができます。

オススメ茶葉:はるもえぎ/香駿/やぶきた やめ/宵の七曜星

<ご案内>