Copyright © LUCY ALTER DESIGN Inc. All rights reserved

煎茶の味は、「旨味(アミノ酸)」「渋味(カテキン)」「苦味(カフェイン)」の抽出度合いで決まります。お湯を注いでから早い段階でアミノ酸が抽出され始めます。湯温が高いほどカテキンとカフェインが抽出されやすく、渋味・苦味が強いお茶になります。

3煎目まで美味しく淹れる

お茶の味を決定づける「お湯の温度」と「味」の関係性を表したグラフです。1煎目は70℃で主に香り・甘味(アミノ酸)を抽出し、2煎目は80℃に上げて渋味・苦味(カフェイン・カテキン)を抽出するのが基本レシピです。3煎目には玄米などのトッピングを加えるとさらに味の変化がでて楽しむことができます。

オンラインショップ

‍‍‍取り扱い茶葉一‍‍‍覧

美味しい淹れ方・レシピ

体験店舗一覧‍‍‍

オンラインショップ

‍‍‍取り扱い茶葉一‍‍‍覧

‍‍‍美味しい淹れ方・レシ‍‍‍ピ

体験店舗一覧‍‍‍